英語力アップ!アウトプットの方法~Let’s output in English!~

こんにちは。

ナツミです。

HI!

It’s Natsumi!

今日はまた英語ネタブログです😊私が今までに行った英語のアウトプットの方法をお伝えしていきたいと思います。

Today, I will tell you how to output and practice in English.

そもそも、アウトプットって何?なんでアウトプットが大事なの?と思われる方もいるかもしれません。

わかりやすいようにインプット(対義語)もセットでお話させてください♪

But Firstly, you might think, ” What is OUTPUT?” “Why on earth is output is important?”

Let me explain about “output” and “input” today.

インプットとは?

インプット(input)とはもともと英語で、入力、提供、貢献、投入…という意味で、主に コンピューターや情報に関連した単語になります。それから派生して、「人の記憶や経験として残すこと。知識を取り込むこと。」を言います。

例えば英語学習で言うと、「単語を暗記して、スペルを覚えて、文法のルールはこうで…」のような知識のことです。英語にも覚えるべきルールが沢山ありますよね。それらは全てインプットにあたります。 日本の英語教育は「インプット重視」の授業だと言われてきました。(今は学習指導要領の変化でアウトプットの機会も増えてきているみたいですが…)日本人には、「知識はあるのに話せない」という人が多いのも、「インプット重視」の勉強法にあったのです。(日本人の性格もあるので一概には言えませんが。)

Input is basically defined as what is put in, taken in, or operated on by any process or system. It can be energy, money, or information. In this case, “input” means information, idea, or knowledges as memory and experience. For example, when you study a foreign language, you have to remember the words, spelling, and grammar. Those are called “input”. There are many rules in English too, and unless you remember the rules you will not be able to have a good command of English. In Japan, English education is a lot focused on “input”. That’s why Japanese people tend to be not good at speaking even though they have enough amount of knowledges.

アウトプットとは?

アウトプット(output)というと、出力、生産高、生産高…というような意味になりますが、ここでのアウトプットの意味は、「学習や経験によって得た学びを、発言や活動に反映させること。」となります。つまり、書く・話す・行動すること全てを指して『アウトプット』といいます。

英語学習で例えると、「習ったフレーズを声に出して練習する、外国人と話してみる、問題を解く、考えを日記に書く…」などがそれにあたります。海外では小学生のうちからディスカッションやプレゼンテーションをかなりの頻度で行う学校が多いみたいで、アウトプットの重要性がよく伝わります。「英語が流暢に話せるようになりたい!」という人がインプット重視の勉強ばかりしていてもなかなか上達しないのもその理由です。

On the other hand, output is defined as an amount that a person, machine, or organization produces. In this case, “some opinion or activities reflected by what you study and learned.” In other words, “writing, speaking, and taking action” are kinds of output. For example, “you speak aloud the words you learned, you talk with natives, writing a diary, and solving problems. In other country, the school curriculum is different, and I’ve heard that kids start doing presentations and discussion in elementary school. We could see how important output is.

インプットとアウトプットのバランスが大切

ではアウトプットばかりすればいいか、と言うとそうではありません。アウトプットをする前提として、インプットした正しい知識がないとできないのです。

なのでどちらも同じくらいのバランスで進めていけるといいと思います。暗記やインプットが苦手という方は、「インプット:アウトプット」の比率を「4:6」「3:7」にしてもいいくらいです。

You may think ” Output is more important than input?” “Do I have to output only?”

The answer is “No”.

You need both input and output at the same balance. If you are not good at memorizing, you can do it in the ratio of four to six or three to seven.(input :output=4:6, or 3:7)

(オリジナルイラストです🤣me drawing)

私が行ったアウトプットの方法

私が英語学習の際に行ったアウトプットの方法はこちらです。

Those are what I did when I outputted.

  1. 独り言トレーニング
  2. Writing練習
  3. 英語で話す
  4. 問題を解く
  5. 単語テストを作ってみる
  1. Speaking alone
  2. Writing practice
  3. Talking in English with someone
  4. Solving a problem
  5. Making a mini vocab test

独り言トレーニング(Speaking alone)

独り言トレーニングとはその名の通り一人で英語でぶつぶつ話すだけです(笑)例えば私は朝に、今日の予定ややらなければいけないこと(未来形)、夜には、今日の出来事や感じたこと(過去形)、次回どうしたいかなどを適当に話します。お風呂に入りながら、登校中(誰にも聞こえないような声で笑)、料理をしながら…いろんな場面でぶつぶつ一人で話していました。独り言なので間違っても恥ずかしくないし、もう一回言い直すこともできます。あえて新しく学んだ単語を使ってみたり、対話形式にして一人二役やるのもとても効果的です。私はこの練習でスピーキング

力がアップしたと思っています。

This training is literary you speak in English alone, just muttering words or sentences😂 For example, I speak my today’s plan or what I have to do in the morning, and what I did or how I felt at night. You can talk about anything. I did it while I took a bath or went out for walking (with very very small voice outside 🤣). It’s good because you can make mistakes without hesitating and try the same sentence again and again. You don’t need to be shy because no one is listening. I sometimes role played by myself too!

Writing練習(Writing practice)

書いてアウトプットする練習方法です。例えば、英語で日記を書いてみたり、SNSを英語で更新してみたり、英検の英作文を書いてみるなどです。このブログも私の英語のアウトプットの場になっています♪あとは、覚えたい単語や文法を使って、オリジナルの文章を作ってみるのもとても効果的です。

Writing is also good way when you study. For example, I wrote my diary in English, and post in English on twitter or Instagram. For me, this blog is my platform of output. I recommend you make an original sentence with using a new word or grammar. It helps you to remember!

英語で話す(Talking in English)

英会話は少しハードルが高く聞こえるかもしれませんが、一番の練習法だと思います。英語はコミュニケーションをするためのツールですもんね。相手が話している時はリスニングの練習にもなりますし、相手が話すことは予測不可能なこともあるので、レスポンス能力も上がります。英語を話す外国人の友達がいなくても大丈夫!!私は英語を勉強している友達とタックを組んで英語で電話したりしましたし、妹と英語で話したりもしました😉それも難しいかたは今、オンライン英会話もすごく増えていて、価格も安価なものが多いので、試してみるといいかと思います。私も大学生の頃、実際に『レアジョブ英会話』をやっていました。多くはフィリピン人の先生でしたが、明るくて優しい先生が多かった印象です!

Talking in English might sound hard for you, but I think that is the best way to acquire the language. English is just a tool of communication, so you want to talk with someone. It is also good for listening. You need to listen to others, so your listening skill will also be improved too. I talked on a phone with my friend and sister in English sometimes. If it’s difficult, you can join online English lesson, such as “レアジョブEnglish”. It is very cheap and it offers free two lessons (25 min one time) if you register (free). You should try it!! I tried it when I was a student. The Filipino teachers are kind and energetic, so I liked it.




今なら会員登録(無料)をすると体験レッスン(1回25分)が2回も無料で受講できるキャンペーンを実施しているみたいです😍試してみるのもいいかも!

私も今アウトプットの機会が少ないので、また始めようかなって思っています♪

I also need the opportunity of talking, so I think I will try it too!!

問題を解く(Solving problems)

文法書の問題でも英検やTOEICの問題でも構いません。自分が勉強したいテキストで実際に問題を解いてみることもすごく大切です。問題を解くことで、覚えていなかったことが明確になったり、間違えて覚えるのを防ぐことができます。できれば間違えた問題には✔マークを付けて、2回目、3回目と繰り返し解くとなお良いです。(すぐ解くと答えを覚えてしまっているので、テキストを一周した後に、もしくは忘れた頃に解くことをオススメします

Solving problems with Eiken, TOEIC, or anything what you like is also good way of study. By doing so, you can know what your weak points are. You can mark or write ✔ on your textbook and try it again and again.

オリジナル単語テストを作る(Making a vocab test)

これは私が単語を覚えるときにやる方法ですが、例えば20個単語を覚えよう!と目標を立てたら、発音したり書いたりして単語を覚えていきますが(単語の覚え方、また今度詳しく書きますね)ある程度覚えたな、というところで自分でミニテストを作ります。裏紙に簡易的なもので大丈夫です。なんなら単語帳の英語部分を隠して、日本語部分だけを見て、英語を書いていく形で大丈夫です。何が大切かというと、単語帳を眺めているとついつい何となく覚えがちです。覚えてもいないのに覚えた気になったりもします。なのでテスト(アウトプット)が必要なのです。

That is my own way to remember English words. I always make a mini test after studying the words. You can’t put too many words on it (10~20 words are better). You can scribble the words on a piece of paper. The reason I do this is, I sometimes over rate myself and think, ” I almost remember!!”. “Now I’m ok!”. But if I try without a textbook, I can’t do well. The important thing is, You have to look up from the textbook and output to remember.

いかがでしたでしょうか。

何か今日から始められそうなものはありましたか?

何事も継続が大事です。是非、ご自身に合うやり方を見つけてアレンジを加えて挑戦してみてくださいね😉

私も頑張ります!!

Those are my ways of output. I hope it can help you study 😊

As I said before, continuing is the most important thing. You have to stick at it.

I will do my best too!! Good luck🥰

それでは、

Thank you for reading☆彡

(カナダの美術館です。The art museum in Canada🎈)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA